肌のお悩み、女性の心理

すっぴんでいてもニキビが多くて顔中ニキビだらけ。ニキビ跡でボコボコになった肌。敏感肌ですぐに赤くなる。敏感肌というのもありますが、ニキビが多いのでメイクは基本的にうっすらとしたものです。それでもなんと、生理前にはニキビが更に大量生される特典つきなので驚きの体質ですね。
洗顔、洗顔後のケアが安い商品で済ますとまた痛みを感じてしまうのがお財布も痛いところ。冬は特に肌が痛く、お財布はより寒くなる季節です。安く済んで肌にもお財布にも優しいといえばベビーパウダーぐらいで、これだけは重宝しています。

ケアを心がけていても体質だからか、敏感肌とニキビが出来ては治るを繰り返し続けて、これからもずっとなのだろうなと悟りを開き始めました。その昔はニキビが無い人が羨ましいなと思っていましたが、今はそう思うのも虚しいだけだなとただ何も思わないように過ごすのみと生活しています。それでも、たまに言われる「最近ニキビひどいから気をつけた方がいいよ」、といったアドバイスという名前のボディブローはストレスによるニキビ増加の呪文という認識は変わりありません。人は見た目じゃないよ、というけれど、やっぱり人は見た目で、どうしても気になってしまいます。

敏感肌、ニキビが出来てしまう体質、諦めモードだなんて言いつつも、どうにかなるものならやっぱりどうにかしたいのが何歳になっても変わらないオトメゴコロ。今後の美容・医学の発展に期待です。参考サイト→赤ら顔改善スキンケア